京都でトイレつまりによるトラブルを避けるために

トイレつまりを表現したイラスト

京都でトイレつまりに困った際は、早めに業者を呼ぶようにしてください。とはいえトイレつまりのトラブルを起こさないためには、普段のトイレの使い方が重要となってきます。
トイレつまりを起こさないためには、トイレットペーパー以外のものは流さないようにしてください。トイレットペーパーが足りなくなるとティッシュペーパーを使いがちですが、水に溶けないティッシュペーパーは、トイレつまりのリスクを高めてしまいます。また、赤ちゃん用のおしりふきや煙草の吸い殻のようなゴミ類を流すのは厳禁です。
不注意でトイレつまりが起きないよう、トイレのタンクや便座の周りにものを置かないようにすることも必要です。芳香剤や消臭スプレーなどを誤ってトイレに落としてしまうと、トイレつまりを起こしてしまいかねません。スマホや財布、本なども不注意により落としてしまうことが予想されますので、持ち込まないのが賢明です。
トイレの使用後は、必ず流すようにすることも大切です。京都にお住まいの方のなかには、小の時には流さないという家庭もあります。節水や節約を心掛けるのはとてもよいことなのですが、尿を放置してしまうと固まってつまりの原因となってしまうことがありますので、毎回流すほうがベターです。
しかし、いくら予防をしていても、やはり何かしらの原因でトイレつまりが起こってしまうことがあります。このような場合はご自身で直そうとはせず、早急に京都のプロの業者へ連絡しましょう。

臭いを我慢しながら掃除する

京都の自宅でトイレつまりがおきたら

普段当たり前のように使っているトイレですが、人間が生活する上では非常に大切な場所です。毎日使用する自宅のトイレがつまってしまったら、さぞ大変なことでしょう。トイレつまりはトイレットペーパーの流し…

Recent Contents